クモ血管腫

はじめに

はじめに

クモダニは毛細血管拡張症の特別なタイプです。 顔、首、胸に発生し、他の部分があります。 中心に直径2 mm以下の小さな小さな血管腫があり、多くの毛細血管が周囲に伸びて分岐しており、皮膚に赤いクモのように見えます。 針の中心を鉛筆の先端で押すと、ハダニの血流方向が中心点から毛細血管枝に向かって流れるため、ハダニが消えます。中心部が圧縮されると、血流が遮断され、虚血によりハダニが消えます。

病原体

原因

クモダニは、急性、慢性肝炎または肝硬変によく見られ、妊婦や健康な人にも見られます。 急性肝炎患者のクモダニの発生率は約1%ですが、慢性肝炎の発生率は約54%です。 クモダニの出現は、肝機能の状態と並行することが多く、肝機能が低下すると、クモダニが劇的に増加する可能性があります。 肝機能が改善した後、ゴキブリは真っ赤から茶色がかった黒に変化し、その後消えました。

調べる

確認する

関連検査

血液ルーチン肝機能検査

クモのゴキブリの中心は綿棒またはマッチ棒で押し付けられ、放射状の小さな血管ネットワークは消散し、圧力が取り除かれると表示されます。

1.病気は、妊婦、肝硬変患者、甲状腺中毒症でより多く見られます。

2.通常の子供にも見られます。

3.皮膚病変は、特に脇の下、頬の上部、前胸部および手で顔によく見られます。

4.病変は、クモのように放射状に分布する赤い小さな血管に囲まれた、中央に突き出た赤い点状の丘疹です。

5.透明なスライドが軽く押され、時々脈動します。

6.発疹の中心が圧力をかけると、皮膚病変は消えました。

7.皮膚病変は、特に肝臓の損傷がある場合、しばしば単一または複数です。

診断

鑑別診断

鑑別診断:

遺伝性出血性毛細血管拡張症

身体診察時に、赤から紫までの範囲の特別な毛細血管拡張症が、顔、唇、鼻、口の粘膜、および指とつま先の先端に現れることがわかります。 同様の病変が消化管粘膜に存在し、消化管出血を引き起こす可能性があります。 一部の患者には、繰り返し大量の鼻血の既往がある場合もあります。 一部の患者は肺動静脈fを有する場合があります。 動静脈fは右から左への短絡(短絡)を引き起こし、呼吸困難、疲労、チアノーゼまたは赤血球増加症を引き起こします。 感染または非感染塞栓によって引き起こされる臨床症状により、脳膿瘍、一過性虚血または脳卒中が最初に発生する場合があります。 一部の家族では、脳または脊髄動静脈fが発生することがあり、くも膜下出血、てんかん、または片麻痺として現れます。 肺動静脈fの家族歴がある場合、青年期の肺CTまたは脳MRIは診断に役立ちます。 鉄欠乏性貧血を除き、ほとんどの患者の検査は通常正常です。